HOME | イップス・ジストニアの説明 | パフォーマンス関連

パフォーマンス関連

運動や演奏などで本来のパフォーマンスが発揮できない問題があります。当院では様々なスポーツや楽器の演奏、ダンスなどの分野で、本来のパフォーマンスが発揮できようにサポートする施術も行っています。そのパフォーマンス問題は、ジストニアやイップスと呼ばれるような他者が見ても分かるような明らかな問題から、本人や家族でしかわからない問題までその程度は様々です。今まで通りのパフォーマンスができずに、本来の実力が発揮できていない場合は、脳の誤作動記憶が関係していることがほとんどのケースで見られます。
 
パフォーマンスの問題に脳の誤作動記憶が関係しているかどうかは、身体を使って「生体反応検査法」で判断します。患者さんに問題のあるパフォーマンスを想像してもらい、もしも、生体反応検査で陽性反応が示されたら脳の誤作動記憶があると判断して調整を行います。脳に記憶された問題ですので、習い事のように繰り返し施術を継続することで、脳の誤作動記憶が新たな記憶に上書きされて、元のパフォーマンスを取り戻すことができます。もしかすると、身体の機能的な問題も関係することもあるので、身体的な問題も合わせて施術させていただきます。
 
当院ではこれまで以下のようなパフォーマンス問題のサポートをさせていただきました。
 
野球で通常の練習では満足のいくバッティングのパフォーマンスができるが、人が観戦するような試合になると、本来のパフォーマンスができなくなる。
野球の投球で、練習では問題はないが、本番の試合でピッチングのパフォーマンスが悪くなる。
バイオリンの練習を一人で行うときには問題がないが、舞台にたって聴衆から見られているような場面になるとパフォーマンスがおかしくなる。
バドミントン のランキングでは自分が上のはずなのに、ある後輩との試合では自分の本来のパフォーマンスが発揮できなくなる。
空手の試合において、なぜか決勝戦で本来のパフォーマンスが発揮できずに負けてしまう。これは相手によるとかではなく、いつも応援している親から見ていると決勝戦だけ、なぜかパフォーマンスの低下が明らかに分かる。
グループ歌手として、今まで問題のなかったあるキーの音の声が出せずに、人には分からないようにごまかして歌い本来のパフォーマンスに満足できない。
ゴルフのドライバーで振り上げた後、スムーズに腕を振り下ろすことができない。
ゴルフのアプローチイップスでパフォーマンスが悪い。
ゴルフのパットの際に手首に力が入って本来のパフォーマンスができない。
水泳で技術面に意識がいき過ぎて、タイムが伸びない。
株トレーダーとして、以前のような直感的な判断ができずに思うようなパフォーマンスがでない。
本番さながらの模擬試験で頭が真っ白になって、思うような結果が出せない。
 
スポーツや演奏以外にも勉強やお仕事関係のパフォーマンスに問題があると感じたら脳の誤作動記憶が影響している可能性があります。そのような疑いがある場合は、当院の施術をご利用ください。
 
パフォーマンス関連の
施術例はこちら

ご予約・お問合せ
ご来院の際はお電話にてご予約ください。診療カレンダー(予定)の急な変更もありますのでご了承ください。メールでのご予約の場合、ご返信までお時間をいただく場合もございますのであらかじめご了承願います。

092-761-0081
 
 
 
月・火・木・金 9:00~19:00
(土・祝 17:00まで、水・日12:30まで)