HOME | めまい・ふらつきの説明 | めまい・ふらつき

めまい・ふらつき
めまいやふらつきを訴えて来院される患者さんは、大きく分けると「回転性めまい」と「浮動性めまい」の方がいらっしゃいます。

 

回転性めまい

自分自身がぐるぐる目が回ったり、周囲がグルグル回っているように感じる。
音が聞きづらい、詰まった感じ、耳鳴りがする。
ひどくなると吐き気や嘔吐を伴う。
 

浮動性めまい

身体がふわふわした感じ。
まともに歩けない。
まっすぐに姿勢が保てない。
 
めまいの症状のうち「緊急性があるもの」と「感染による炎症」や「構造的な問題」などの疑いがある場合は病院での検査が必要です。特にめまいに頭痛やしびれなどが伴う場合は、脳の異常が疑われますので速やかに病院を受診されてください。
 
めまいの症状を訴えて来院され、改善される患者さんの多くはストレスなどからくる「心因性のめまい」です。当院が得意とするめまいの症状ですので、治療直後に症状が軽減、あるいは消失することが多いようです。
 
当院ではめまいやふらつきの症状の原因となる平衡機能の異常を特定する特殊な検査法があります。その検査法を使うことで、どの部位の機能異常なのかを特定し、さらにはその機能異常を引き起こしている「誤作動」の原因パターン(学習記憶)を特定しながら治療を施していきます。
 
ほぼ9割の患者様で治療直後にめまいやふわふわ感の症状が改善されています。しかしながら、治療後には改善されても、「家に帰ったら症状が戻った」、「職場に行ったら症状が戻った」ということもありますので、治療を継続しながら、「誤作動」の原因を探し、それを消去しながら、症状がぶり返さないように体質改善を行っていきます。
 

ご予約・お問合せ
ご来院の際はお電話にてご予約ください。診療カレンダー(予定)の急な変更もありますのでご了承ください。メールでのご予約の場合、ご返信までお時間をいただく場合もございますのであらかじめご了承願います。

092-761-0081
 
 
 
月・火・木・金 9:00~19:00
(土・祝 17:00まで、水・日12:30まで)