HOME > お困りの症状 > 自律神経・免疫・ホルモン系の症状

 
~自律神経失調症~ 
「起立性調節障害の改善」
起立性調節障害は、小学生から中学生に多く、めまいや立ちくらみ、朝起床困難、気分不良、倦怠感、頭痛など自律神経系の症状を訴える子供が病院で診断を受けて初めてわかることが多い。いわゆる自律神経失調症のひとつと考えられている。特徴として、起立や座位で脳血流が減少し、思考力と判断力が低下する。続きを読む

 

「様々な症状の改善(自律神経失調症とアレルギー症状)」
【経過】半年ほど前より様々な症状を抱えている女性。病院でも循環器、皮膚科を受診していたとのこと。有名な代替医療の先生にも見てもらったという。当初は、不整脈や肩こりを訴えていたが、施術を継続していくうちに、それ以外にも頭痛やめまい、アレルギー症状など様々な症状を五年ほど前から抱えていたらしい、20回ほどの施術でだんだんと症状が少なくなり、最近では不整脈の症状は落ち着いてきている様子、その他の自律神経系に関連した症状も落ち着いてきた様子。続きを読む

 

~めまい・ふらつき~
「「ふらつき」がずいぶん改善しました!」
「今まで手すりを持たないと階段を歩けなかったのが、手すりを持たなくても階段をすたすた上り下りできるようになりました。」「一回の治療でこんなに良くなるなんてすごいですね。」
3回目の施術前に、上記の喜びの声をいただいた。続きを読む

 

「病理的所見のない小脳性運動失調の前腕回内回外反復運動試験陽性反応の改善」
【初回所見】
73歳女性が数か月前位より、歩行時に左側によろめくとのことで来院。病院では小脳性運動失調症との診断を受け、病理的には異常がないとのこと。その他、全体のバランスも悪いとのことでそれらの調整も望まれていた。続きを読む

 

「身体のふらつき、浮遊感の一症例」
3か月ほど前に、マッサージを受けた2~3日後に身体のふらつき感や浮遊感を発症し脳神経外科を受診。症状があまり改善されずに耳鼻科や内科、別の脳神経外科、鍼灸院、整骨院、整形外科を受診した後に当院に来院された。続きを読む

 

「めまいと吐き気の本当の原因」
20代の女性が、ヨガのレッスン中に急にめまいと吐き気に襲われ、両手がしびれて硬直した状態になったとのこと。両手の痺れや硬直感は良くなったが、めまいと吐き気が強いとのことで来院。続きを読む
~過敏性腸症候群・胃腸の症状~
「子供の腹痛」
小学4年生の男の子が、腹痛で来院。昨日から急にお腹が痛くなったとのこと。
腹部を圧診してみると、少し圧を加えただけで、痛みが伴う様子。腹部周辺が過敏状態になっていた。
心身条件反射療法にて検査をしてみると、新しく変わった担任の先生のイメージで過敏反応を示していた。続きを読む

 

「咳、胃腸症状の原因は、社内での板ばさみ」
一ヶ月ほど前から、咳や胃腸症状がではじめたとのこと。
ファミリーカイロには、以前通院されていたことがあるので、ストレスからだということはある程度認識されており、お盆休みで解消されるかなと思っていたが、やはり、休みになっても改善されないので来院されたとのこと。続きを読む

 

「胃腸障害」
高校一年生の男子生徒が、一年半前より腹痛、下痢、腰痛を発症。学校で昼食摂ると毎日、腹痛と下痢の症状で悩まされていたという。内科やメンタルクリニックを受診したが治る気配もなく当院を受診。
10回ほどの継続治療にて、症状がほとんど改善された。続きを読む

 

「腹痛の本質的原因」
数年前からメンテナンス的に通院されている患者さんが、最近になって、腹痛と下血があり、病院で検査をしたら、さらに精密検査を受けたほうが良いと指導されたとのことでファミリーカイロに来院。
原因を調べると、隣に座っている上司の先輩のストレスと他のストレスが絡んでいた。4-5回の治療で上司に対するストレス反応も消失し、症状もかなり改善された様子だった。続きを読む

 

~生理痛・PMS・生理不順~
「内分泌系(ホルモン系)の異常の改善」
内分泌系の異常で比較的多く相談を受けるのは、生理痛や生理不順の患者さんです。特に月経前症候群(PMS)で長年苦しんでいる方も少なくはなく、症状があるのが当たり前のようになっている人も多いようです。身体的症状では下腹部痛を初め、乳房痛、むくみ、倦怠感などがあり、精神的症状では抑うつなどの気分障害や睡眠障害を訴える方が多いようです。続きを読む

  

「生理不順の改善! (PCRTのコーチング手法を導入)」
「今まで生理が遅れるということはなかったのですが、予定より2週間ほど遅れているのですよ・・・・」
筋骨格系の症状で通院されていた患者さんが、今回は、今までにない心配そうな面持ちで相談されてきた。
PCRTで検査をしてみると、女性ホルモン系に反応を示す。続きを読む

 

~女性ホルモン系・男性ホルモン系の症状~
「慢性的な不正出血」
前回の施術で、慢性的な不正出血が、8割ほど改善されたとのご報告をいただいた。
ニューロパターンセラピーで検査をしてみると、毎回、ご主人との関係で反応が示されていた。
原因分析が浅いレベルだったようで、症状の改善に変化がなく、検査反応も同じように繰り返されていた。一般的な人が想像するような、夫婦の仲が悪いというのではない。続きを読む

 

「生理痛と子宮筋腫」
首や肩の痛みやこり感で通院されていた患者さんが、その症状もかなり改善され、他のことで相談があることでお聞きした。
健康診断で、子宮筋腫が2箇所見つかったとのこと。病院では、癌などに悪性化しないように部分摘出手術か全的摘出手術するか、あるいはピルでホルモンをコントロールするかという選択肢があり、担当医の先生は、ピルを進めていたとのこと。続きを読む

 

~その他自律神経・免疫・ホルモン系の症状~
「突発性難聴」
1年ほど前より難聴と耳鳴りで個人病院を受診。
検査が必要とのことで市立病院を受診。2カ月ほど入院して精密検査を行うが構造的な異常はないとのこと。原因が分からないが現在も薬物療法を受けている。
音叉の検査では左がほとんど聞こえない状態。続きを読む

ご予約・お問合せ
ご来院の際はお電話にてご予約ください。診療カレンダー(予定)の急な変更もありますのでご了承ください。メールでのご予約の場合、ご返信までお時間をいただく場合もございますのであらかじめご了承願います。

092-761-0081
 
 
 
月・火・木・金 9:00~19:00
(土・祝 17:00まで、水・日12:30まで)