顎関節症

顎関節症

顎の痛み、口が開かない、カクカク音がして痛いなどの顎関節症の症状で最初にファミリーカイロに来院される患者様の多くは、歯科で相談されたり、理学療法やスプリントで保存治療を受けたり、あるいは外科的な手術を勧められたりしています。
西洋医学的には関節円板のズレやその周辺の炎症に注目しますが、それはあくまでも「結果」であり、「原因」ではありません。したがって、「結果」に対するアプローチを施しても症状の本質的な改善につながらないことが多いようです。
ファミリーカイロでの顎関節症の治療は、関節円板のズレや顎関節周辺の炎症を引き起こしている顎関節周辺の筋肉系、神経系のバランス異常を特定して、その誤作動の学習記憶を調整し、本質的な症状の改善に努めています。
来院されたほとんどの方の症状が改善されています。
 

歯の知覚過敏

歯がしみる、ズキン!キーン!と痛むなど、知覚過敏の症状で改善された患者さんもいらっしゃいます。一般的に知覚過敏の原因は、ブラッシング、歯磨き粉、歯ぎしり、噛み合わせ、酸、ホワイトニング、歯石除去後、加齢などといわれることが多いようでが、ファミリーカイロで原因の検査をしてみると、顎や歯の微妙なバランス異常、さらには神経を過敏にさせるメンタル面との関係性が本質的な原因として隠れていることが多くみられます。
ブラッシングや噛み合わせなど外的な要因を変えても治らない方は是非、ファミリーカイロにご相談ください。

 

ご予約・お問合せ
ご来院の際はお電話にてご予約ください。診療カレンダー(予定)の急な変更もありますのでご了承ください。メールでのご予約の場合、ご返信までお時間をいただく場合もございますのであらかじめご了承願います。

092-761-0081
 
 
 
月・火・木・金 9:00~19:00
(土・祝 17:00まで、水・日12:30まで)