米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

症例のご紹介 -④女性の症状ー

生理不順

生理の遅れとホルモンバランス

めずらしく生理が2週間ほど遅れ、お腹や腰、胸の痛み、頭痛、イライラ感など生理前の嫌な症状が続いていたので診ていただきました。
なんとなく、自分でもホルモンバランスが悪くなっているような気がしていましたが、暑くて夏バテしているからだと思っていました。
原因を調べてもらうと「喜び」で反応していました。それもほんのちょっとしたことで、自分では考えつかないことでした。正直なところ、ほんとうにそうなのかなと思っていたのですが、次の日生理が始まったのです。
嫌なことだけではなくて、嬉しいことでも症状の原因になることもあるんだなと実感しました。考えてもわからないことが自分の身体を使った検査でわかるのでありがたいです。
これからもよろしくお願いします。

このページのTOPへ

PMS

前向きに自分らしくリラックスして生きられるようになりました

数年前から抱えていた原因不明の熱や鼻炎、肩こり、PMSの症状では、身体の不調や痛みだけではなく、理由もなく悲しくなって1日中泣いてしまったり、やる気の起きないちょっとした鬱状態の日々を過ごしていたところ、友人の紹介で理解できないまま、カイロで治療を受け始めることになりました。しかし、治療を重ねていくうちに、意識と関係なく体が反応するのを体感したり、今までの経験や感情を文字にしてまとめる作業することで、だんだんと、自分の無意識と症状の関連性を認識することができるようになっていきました。それと同時に症状も徐々に緩和されていき、身体や心が軽くなり、前向きに自分らしくリラックスして生きられるようになりました。今でも症状は度々出るけれど、自己の感情を認識することを心掛け、メンタルコントロールや自己管理をカイロとともに学んでいきながら、心身の健康の日々を過ごしていきたいです。

このページのTOPへ

生理前と生理中の吐き気を伴うほどの偏頭痛がなくなりました

生理前と生理中の吐き気を伴うほどの偏頭痛がなくなりました。
偏頭痛の症状だったので、普通の頭痛薬と偏頭痛用の薬を御守りのように持ち歩いていました。
そのせいで薬物乱用頭痛と診断されたほどですが、生理前後の頭痛と低気圧の頭痛をメインに治療をお願いしたところ、すぐに翌月には出ませんでした。
今、頭痛薬は使ってません。
(もっと早く言えば良かった・・・。)

このページのTOPへ

患者様へのインタビュー -④女性の症状ー

生理痛

「生理痛の症状改善と気づき」09.10.06 M.M様

Q:よい気づきがあったということなので、それをお話ししていただきたいと思います。 よろしくお願いします。
A:今日は生理痛のことを主に診ていただいたんですけど、最後に胃腸の調子をずっと今まで診てもらってて体調がすごく良くなってきたので、そこは自分ではすごく嬉しいんですけれども、体調が良いのに不安な自分があったんですね。
出かけるときに具合が悪くならないかとか、出先で気分が悪くなったらとか、おなかが痛くなったらどうしようとか。
ずっとそれが抜けないので、そこをまた相談したんですけれども。
いろいろ原因を探っていって身体と心を切り離してみたいな感じだったので。
結局自分は人に頼られることが負担だったということ。
先生に訊かれたときに、「頼られること」って言葉が出たんです。
「頼られること」あっ、負担だったんだなと。
身体が、体調悪ければ頼られませんよね。
だから自然に思っていたのかなぁっていうのが、なんかひらめきのように出てきましたね。

Q:まったく日頃は考えていないことですね?
A:
家族なんかに頼みごとをされるとか、でもまあ友人とかに訊いてもそれくらい何で嫌なの?みたいなことは結構あって。
ちょっとしたことが負担だったんです。
それは思っていたんですけど。
まあ、まわりの友人だったり、仕事関係の人からそういうことを言われることまでは、自分が思っているということまでは気づいてなかったんですけど、今、こう先生にお話ししてたら、全てにおいて負担だったと。
責任のあることが嫌だったと思いました。
責任があることを任されて喜ぶ人、幸せを感じる人を見てて、どうして自分は違うのかなと思うこともあったかなと。
それはすごい気づきだったと思います。

Q:それを気づいたことで変化は?
A:
ちょっと考えましたね。
場面場面で負担を感じている自分はわかっていたんですけど、それが身体につながっているとまでは思わないし。
そういう気づきも特にないですよね。そのとき嫌だ、ぐらいはあっても。
でもわかったのは良かったと思います。

Q:それがわかったことで得るものは?
A:
自分が楽かも知れません。
同じような感情になっても「あ、負担なんだから」と。(笑)
それをやっぱり悪いなあと相手に対して思う自分が今まではあったから。
まあ、家族に対してもどんな人に対しても。
だから人の上に立つような、何か役を任されるとかもすごく負担で。
ああ、何で嫌なんだろう、そんな難しいことではないのに。

Q:申し訳ないなあと思う?
A:
思いますね。
身体につながっていたんだったら、これから自分が変わって、どう身体に反応が出るのかは楽しみだなと思うし。
でも仕事なんかでも結局責任感が強いんでしょうね。
ちょっと思いました。強いから負担が大きいと。
いい加減、まあ言い方は悪いですけど、いい加減な部分もあると思っていたんですけど。
まあ、ある程度そういう気持のなかではあったのかなあと思います。
だからその気持ち、負担だなあと思っても、そう思っているとわかるだけでも変わるんじゃないかな。

Q:責任が大きいから負担を感じるのでしょうか?
A:
小さなことでも思ってましたから。性格みたいなね。
頼られたら嫌だと。(笑)
その逃げ道は作っていたような気がするから。
その中で身体に刺激反応がある程度出ていたとしたら、すごい気づきですね。
良かったです。(笑)
精神的に楽になるとやっぱりそれだけでも、体調って崩すことはあるけれども全然受け止め方が変わるので、それはそういう自分でいたいと思うんですよね。
よかったです。

Q:他にお話ししたいことは?
A:
少しずつですけど変化があるので、最初来た時より。
身体の具合で来たんですけど、私の場合精神的な受け止め方が、だいぶそれを悪いように考えなくなったという、楽に考えられるようにちょっとずつですけどなっていると思います。
たまに前の自分に戻りますけど。(笑)
でもそれが、昔は毎日だったのがたまになってきたので、それだけでも日々の生活が楽に過ごせると思います。
ありがとうございました。

Q:ありがとうございました。

<インタビュー担当:森山>

「生理痛の症状改善」09.08.30 M.O様

Q:最初にこちらに来て頂いたのが生理不順の症状でしたよね?
A:
はい。

Q:そしていろいろ治療を進めていって、どれくらいでいい感じになってきたか分かりますか?
A:
一番最初の時は割と単純だったのでそんなに気づきはなかったんですけれども・・・。

Q:3回目でしょうね。
A:
3回目ですね。

Q:何かご自分の存在価値に気づかれた時があったと思うんですよ。
A:
そうですね。それまで犠牲的に生きていたんですね。犠牲的に生きる事が、いけない事とか、自分の体に影響するとかっていうのはわかっていなくて、そうとしか思えない自分がいたんですよね。

Q:それからいろんな事を気づかれていったんですよね。
私が質問させて頂いたんですよね、いろんなとこで。

A:
はい。それで、自分の中の長年抱えていたネガティブな思いとか、平たく言えば不満とか、何かそういうものが全部沸き起こってきた事が質問して頂く事によって整理されていったような気がします。勘違いとか、錯覚とか・・・。
劇的だったのが、治療の最後に「お茶の間劇場みたいですよ」と言われた事があって、「子供の為に生きてそれでいいというのは、ある意味お茶の間劇場みたいに見えちゃうよ」と言われる事によって、「人から見ればそっか、それぐらいの感じなんだ」と俯瞰できたんです。
もちろんそこまでの治療のプロセスがあって、それを言われたからと思うんですけど。最初の数回で整理されていって、その言葉で俯瞰できたので、「あ、そうかもしれないよね」とまず思ってみたんです。そこでスイッチを入れ替えてもらった様な気がします。

Q:「お茶の間劇場」というのは自分を客観視できるようなストーリーで見られたという事ですか?
A:
そうですね。上から見て、自分ではその中でバタバタしていて、自分てなんて苦しんだとか、自分だけすごく不利益なものを得ているとか・・・。
前に「錯覚かもしれないよ」という言葉を先生がおっしゃって下さったんです。
「否定的な事は、それこそ錯覚している事であって、何も得ていないとあなたは言っているけど、すでに得ているのかもしれないよ」と。
一番最初に私が絶望的な気分で来院した時に、「新たな自分を発見される為に来たんですよ」と先生がおっしゃって下さって、まずそれで治療開始がすごくリラックスできたんです。
そしていろいろ先生が問いかけて下さった事によって、自分の不満とか思いとかが整理されていったんだと思います。先生がここらで「よっしゃ」と思われたんだと思います。
「お茶の間劇場みたいだよ」とおっしゃって頂いた事でポンと俯瞰できて意外と「それぐらいのことかも」ってスイッチが切り替わっていったんだと思います。
だから、そういう観点でも自分を眺め直してみたんです。それで、結果的に今日に繋がると思うんです。
例えば、作業療法士の資格を得ること、結婚する事、子供が生まれる事がゴールになっていたから、ゴールだとすればやっぱり、メリット、デメリットじゃないですけど、長所、短所があるじゃないですか、出来事には。だけど、ゴールにしちゃえばこんな筈じゃなかったってマイナスだけがポーンと浮かび上がってしまったんです。
例えば、「それで成長していく手段と捉えたのならそれも一つだよね」って受け入れられて次にいって、次にいけばまた違ういい事が、つまりプラスになる事が起こってくるのかもしれないですね。

Q:それは錯覚として今日の治療で認識された感じでしたね。あと、未来については、初め想像できない時がありましたよね。あの時はどんな感じでした?
A:
あの時は、ほんとストーンとそこから劇で幕がポーンと下りているようなそんな時だったんです、前は。
でも今は先生がこの前の治療の時に「そうやって考え方が変わると出会う人も変わってくるんだよ」とおっしゃってくださって、その通りになったんです。自分の職場に新しく入ってくる人は意外と困った方が多くて苦戦する事が多かったんですけど、今回入ってこられた方は思いやって下さる方で、ストレスケアとかを勉強されてて、自分で開業されているのもあるんですけど、その人がよかったら一緒に勉強してみませんかっておっしゃって、それだと今置かれている自分自身にも、家族にも有益だし、生涯通じて、ずっと勉強して学んで知恵を蓄えていけそうなんです。

Q:本来そういうのは好きなんですか?
A:
たぶん好きなんだと思うんです。今まで作業療法士になろうと思った事以外、そんなにこれをしようと思った事がなかったんです。
だけど、それは一つの目標になって、元気で長生きして、家族とも楽しくいたいなとか・・・。その方が、これは人にもよるけど、例えば、ちょっと自主開業しようと思えばできるともおっしゃって下さったんですが・・・。まさか、そんな事は今の自分の事を思うと、あんまりよくないと思うので、そんな風に飛躍しては思えないですけど、でも、例えば自分が先生に習った事を有益だったら、誰かにも教えてあげたい。
何かまた考えればいいし、だけど今までは家庭とか、全部犠牲にしないと仕事ができないと思っていたんですけど、自分のそのライフワークとか、家族とかうまい具合にバランスを取れる方法がもしかしてあるかもって思えるようになったんです。
おかげ様でここまでになりました。

Q:でもお話を聞いていると、何か初めからすると、視野がだいぶ広がって明るい方向へ向かっていったんで、治療していても楽しかったです。
A:
後は1つ1つ、ポーンってこれを目標にそこまでがんばる様な前みたいなやり方ではなくて、今度は1つ1つ積んでいく様なことがしたいんです。
なので、また次回から時間を空けてでも、まただめだと思ったら駆け込みますけど、積み上げて成長していって、家族と周りの人とも関係を持っていく様な自分に切り替えていきたいので、よろしくお願いします。。

Q:今お聞きして、何かこうしなくちゃいけないものに目を向けすぎているのを捨ててしまったら、新しいものが入ってきて、新しい循環になるみたいなそんな感じがあるので、またメンテナンス的にも、体だけじゃなく気づきを得るためにも、来られたらいいと思います。
A:
結果的に体も医学的な治療もしているから調子がいいのかもしれないですけど、それだけではここまでにならなかったはずなんです。なので、両方の治療をやる中で、少なくとも健康を維持して、有意義に過ごしていければいいので、それは達成できるのかな、できるといいなという感じです。

Q:検査では体が教えてくれるんですけど、そういうのも実感して頂けましたよね?
A:
これほど自分の思いが体に影響するという事がわからなかったです。わからなかったし、今回の生理が止まってホルモンバランスがとても崩れていたという事が結果的にはとてもいい気づきに変わりそうです。

Q:マイナス面がプラスに、体だけじゃなく、もっと先の方向に向かっているんでいいですね。
A:
ありがとうございます。また何かメンテナンス的にもですが、あと努力の仕方のプロセスを今までとは変えていけると、もっと有意義にやっていけると思うので、それがまた体にいい影響を及ぼして結局ホルモンバランスも整っていくかもしれないですね。

Q: そうですね。自然にそういうバランスを持っているからですね。遮っているものを自分では気づかないので、それを気づいて外していけば、自然に治るようになっているんですね。
A:
また、よろしくお願いします。

Q:どうもありがとうございました。

<インタビュー担当:保井>

「生理痛の症状改善」09.07.10 Y.S様

Q:生理の症状、主に生理痛の症状がだいぶ良くなられたということなので、今日はそのことについてお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。
A:
はい、よろしくお願いします。

Q:大体いつ位からその症状というのは始まったのでしょうか?
A:
生理痛がひどかったのは、もう10年以上前からひどかったので。

Q:それは、何かきっかけがあったのでしょうか?
A:
特に思い浮かばないんですけど、もう、毎回生理が始まったら生理痛は絶対つきものだと思うくらい、毎回痛いっていうのがありましたね。

Q:そういう症状でお悩みだったということですけれど、ファミリーカイロにいらっしゃるまでに何か対策をとったりされましたか?
A:
特に何もせずに。
こちらに来たのも、生理痛が治るだろうと期待して来たというのではなく、その他いろいろ思ってだったので、良くなってよかったなと今になって思う感じで、そのときから生理痛も治るところっていうのは、あまり知らなかったんです。

Q:治療を重ねていくうちに「生理痛の症状も診ましょうか」みたいな感じだったのでしょうか?
A:
来始めて、生理が不定期だったんですね、そのときは。
なので初めの年とかは、1年に3回位しか生理がなかったので、生理がない分生理痛もあんまりないから、まぁ不定期なのは困るけどっていう感じではいたんですけど、「生理が来ないんですけど」っていう相談をして、それに対して悪いイメージとか色々あることに気がついて、その次の年からは、定期的に、ひと月にちゃんと1回来るようになって、その始めはやっぱり痛かったんですけど、生理がちゃんと来るようになってからは、毎回生理になる前に診てもらうようになって、それからどの位かな、半年後位からは結構実感というか、あ、意外と生理になっても大丈夫かもという風になってきました。

Q:ファミリーカイロにいらしたのは、どの位前だったか覚えていらっしゃいますか?
A:
3年位前ですね。

Q:そのときには、まだ不定期・・・
A:
1年目は、ほんとに全然不定期でした。

Q:その次の年になって、割と定期的に来るようになったけれども痛みとかは
A:
やっぱりありましたね。

Q:それから半年経つ位になってから、ちょっと効果というか・・・
A:
あまり毎回、生理がくるからなっていう風に気にしなくてもよくなってきたかなと。痛いのも、ときどきはあったんですけど、痛い時間というか期間はだんだん短くなってきたような気はしました。

Q:その原因とかパターンは、ご自分ではストレスと分かっていない、脳の錯覚というのが多いようなんですけど、良かったらどんなパターンがご自分では原因になったのが多かったのか、緊張パターンみたいなものをお話いただいてもいいですか?
A:
はい。
「生理が来ないんですけど」っていう相談をし始めたときは、自分ではあまり意識しなかったんですけど、自分が女性であることに対する違和感とか、あとは何か、誰っていう訳じゃないんですけど、一般的な男性に対する嫌悪感みたいなのとか、そういうのを日々感じているっていうのが、自分でも意外だったんですけど。

Q:それは全く自覚がなく・・・
A:
なくですね。

Q:調べていったらそういうことが出てきたと。
A:
はい。自分でもちょっとびっくりしたんで、結構印象に残ってます。
で、生理が定期的に来るようになってからは、やっぱりもう毎月生理は痛いものだと、辛いっていう風な、こう自分で決めてたので、それが何か、また来るなっていうのがストレスだったり、それが嫌だなっていうのが毎月あったんですね。
きっと痛いだろうみたいなそういうストレスが、1週間前とか2週間前位からだんだん出てきて・・。

Q:それに対して、どうしたらリラックスパターンが作れるかっていうのは、ご自分なりにははっきりとしたんでしょうか?
A:
だいぶ症状が楽になってきてからですけど、生理が始まっても大丈夫だなとか、例えば重要な予定がある日に生理があっても、まぁ何とかなるだろうみたいな風に思ってれば大丈夫だったっていうことが多いです。

Q:そういうことをくり返すことによって、ご自分でも納得ができたということでしょうか?
A:
そうですね。時間が経ってそれがだんだん固まってきたようなところもあるんですけど。

Q:くり返しくり返し治療を受けることによって、ご自分でだんだん固まってきたと・・・
A:
そうですね。やっぱり大丈夫だった、また大丈夫だったとかいう感じで。

Q:一般的には、例えば症状があったりすると、何かどこか機能的に問題があるんじゃないかとか、そんな風なことに目を向ける情報がいろいろありますけれども、ファミリーカイロの治療を通して、ご自分のこころとからだの関係というかそういうものはご自分なりに分かったような感じはありますか?
A:
はい。
本当に自分で意識してないことがストレスになってて、それが身体の症状に、どこかに出てくるっていうのがよく分かりました。だから身体が、何かがストレスでどこかが痛くなったりしても、それがなかなか自分では何が原因かというのが分からないので、やっぱり来てよかったなと思いました。

Q:もしも同じような症状で、どなたかが困っていらしたりしたら、どんな風にアドバイスしてさしあげたいですか?
A:
そうですね、生理痛とかその前の症状とかだけが気になってここに来るっていうのは、初めは何か本当に治るのかなとか、ちょっと抵抗があったりとかするかもしれないな、とは思うんですよ。自分はそれだけで来たわけじゃなくて、いろいろ治っていく中で、あの、意外にもというか、自分でも驚きっていう感じで治ったんですけど。 だから女性なら特にですね、恥ずかしがらずにですね、本当に毎月つらいんだったら、あの、絶対よくなるからっていう風に言いたいですね

Q:ちょっと話はそれますけど、最初はどんな症状でこちらに?
A:
そうですね、まぁ引っ越してきたばっかりというのもあって、すごく外に出るのに緊張するのであったりとか、腰痛とか、肩こりとかそういうのがあったので、まずはそれを治したいなと思って。

Q:きっかけはそれだったけれども、こういう生理に関する症状も改善したということでしょうか?
A:
はい。そうですね。
最近では、生理痛の症状だけじゃなくて、その前にちょっとお腹が痛かったりとかこう胸が張ってつらいのもだいぶよくなってきてるので。

Q:それでは最後の質問ですが、ファミリーカイロには、症状のあるときだけ治療にいらっしゃったり、予防の目的でこうメンテナンス的に通ってらっしゃる方がいらっしゃったりするんですけれども、もしよろしければ、今後どんな風にこの治療を利用したいと思ってらっしゃいますか?
A:
そうですね、定期的に来れるんであればやっぱり何か症状がひどくなる前にこういろんなストレスに気がつくことができるので、やっぱり定期的な方がいいんじゃないかなと思ってます。

Q:今日は貴重なお時間をどうもありがとうございました。

<インタビュー担当:吉田>

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1番出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14001900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081