腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!English abailable(英語可)米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

心因性視力障害の施術

最近、子供に多い心因性視力障害もインターネットなどで広く紹介されるようになりました。時と場所によって視力が変動するというのが特徴で、メンタル面が関係する「目の心身症」ともいわれています。 

原因となるのはメンタル的なストレスが関係した脳の誤作動です。関係するストレスには「否定的ストレス」だけでなく「肯定的ストレス」や「意志的ストレス」があります。 

学校や家庭などで悩みを抱えるなどのいわゆる否定的な「ストレス」には、家庭内の原因として、両親の不仲や離婚、肉親との死別や離別、兄弟姉妹に対する愛情や存在の差別感、親からの過干渉やネグレクト、塾や稽古への不満などです。 

学校関係の原因として多いものは、担任教師、部活動監督、コーチ、友達への不満、入学、進学、転校、席替えやクラス替え、受験や部活への不安や不満、恋愛などです。 

上記のような「否定的ストレス」だけでなく、「肯定的ストレス」や「意志的なストレス」が関係している場合、あるいは否定的、肯定的、意志的感情が複合している場合も少なくはありません。 

ファミリーカイロプラクティックセンターで使っている心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)は、「生体反応検査」を使って、どのような感情が脳の誤作動に関係しているのか、さらにはその感情に背後にある信念や価値観を明確にして、目の調節機能に影響を及ぼしている誤作動を調節します。 

多くの患者さんで治療直後には視力が改善されるケースが多いようですが、目の視力調整に関係する学習記憶(クセ)を本質的に治療するには、繰り返し治療を継続して、目の調節機能を新たに再学習記憶させることが必要です。 

子供だけでなく、大人にも見られます。視力調整のみならず、ドライアイや涙目、目の痛み、疲れ目などの症状にもメンタル面が関係する誤作動が原因になっています。 

心因性視力障害または他の目に関連する症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14:301900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081