腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!English abailable(英語可)米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

メンタル症状について

メンタル症状について

ファミリーカイロでよくみられる症例をご紹介いたします。気になる症状をクリックしてください。

ファミリーカイロで施術するメンタル症状には特徴があります。

一般的に、メンタル面の症状の治療は、薬を処方され、症状を押さえ込む傾向にあります。

確かに、服薬により一時的に症状は治まるかもしれませんが、副作用に悩まされたり、薬に頼る気持ちが強くなったりなど、また別の症状を引き起こすこともあります。

人は誰でも周囲との関係性の中で、互いに影響を与えあいながら生きています。そして、その色々な情報の受け止め方が脳神経にとって心地よくない状態であれば、自律神経系を緊張させ、様々な症状が現れます。

ファミリーカイロでは、身体面と心理面との「関係性」を検査して施術を行うので、身体的、ならびにメンタル的な症状を生じさせている本質的な部分へ素早く到達することが可能になります。

症状を押さえ込むのではなく、自律神経系のバランスを保つことにより、心身のエネルギーバランスを整え、ご自分の力で健康になる本質的な治療をさせていただきます。

症状を改善するためには、施術者と患者との間に「信頼関係」が必要になります。特にメンタル症状を主訴とする患者様の場合には、心理的に深い部分にも触れることもありますので、お互いの「信頼関係」と患者様自らが心の底から治したいという「主体性」が必須条件になります。

この「信頼関係」と「主体性」により、ほとんどの患者様で良い結果が得られています。

年齢を重ねるということ

多くの人が、年齢を重ねるにつれて、病気になって病院で死ぬだろうと漠然とした未来不安があるようです。現在は健康なのに、年をとると病気になったり、認知症になったり、寝たきりになったり、孤独になったりなどと、何の根拠もなく想像している人も少なくはありません。

人は潜在意識レベルで「想像した通りに生きていく」といわれております。

例えば、年をとる=病気、介護が必要な人などの潜在的イメージから、年をとる=健康、元気。

そして、死ぬ時は「病気になって病院で死ぬ」が当たり前ではなく、「家で自然に眠るように死ぬ」が当たり前にイメージできるようにすることが大切です。潜在意識的にそのイメージが明確になればなるほど、人はそのように言葉を使い、行動をとって、イメージ通りの結果を出すようになります。 ファミリーカイロではそのような本質的な施術を提供します。

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14:301900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081