米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

症例のご紹介 -⑤乳幼児~小児の症状ー

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎 2013.12.1

昨年から秋から春先まで、アレルギー性鼻炎で、薬が手離せなかった娘です。薬を飲んでいても、夜は鼻が出て、眠れない日も多かったです。
今年もまた鼻炎の症状が出始め、夜、息苦しくて眠りにつけない日が続いていました。
このファミリーカイロであきらめ半分(すみません…)で施術していただいたところ、1週間くらいすると、夜のティッシュがいらなくなりました。こんなに改善するなんてと、本当に感謝しています。ありがとうございました。

このページのTOPへ

アトピー性皮膚炎

「アトピー性皮膚炎」1歳6ヶ月

生後2ヶ月目に健康診断のためファミリーカイロへ。
特に目立った症状はなかったのですがアトピー性皮膚炎と言われました。
ところが2~3ヶ月して体に湿疹ができ頬が真っ赤、かゆさの余り患部をひっかくため、手袋をさせるほどでした。
病院ではステロイド剤の入った軟膏での治療。
人づてにステロイド剤は塗り続けると肝臓などに影響を与え、喘息などを引き起こすこともあると聞き、恐ろしくなってふたたび当院へ。
調べてもらうとアレルゲンはたくさんありました。
母乳に始まりミルク、卵、果物、洗剤、タバコの臭いなどなど・・。
約12回の治療で1ヶ月で完治、アレルゲンを避けるのではなく共存できる身体になりました。
まさかこんなに早く、しかもアレルゲンを避けなくてよい生活ができるとは思いもしませんでした。
子供の苦しい顔を見なくて済むようになり幸せいっぱいです。

このページのトップへ

喘息

「ぜんそく」2歳と4歳の兄弟

喘息があるせいでしょうか、どちらもなんとなく元気がなく、顔色もすぐれず親としてつらい毎日でした。
喘息の発作が出たら病院に駆け込むしか他なく、薬は大丈夫かなと不安でした。
そんな時、自分の治療の時打ち明けると「この治療は呼吸器系にも効果があるんですよ」と言われ、治療を受けさせました。
1回目ではた目でも分かるぐらい元気になり、回を重ねるごとに顔色が良くなり、活発に動き、体つきもたくましくなりました。
これからもお願いしたいと思っております。

このページのトップへ

「ぜんそく」9歳 A君

風邪を引いたため病院の薬を服用していたのですが、1ヶ月たってもなかなか治らず、とうとう喘息に。
重度の呼吸困難を起こして夜間救急病院に運ばれるほどでした。
これ以上病院に通っても薬を投与されるだけと、思いあまって当院へ。
子供の体はかなりよくない状態だったらしいのですが、治療後楽になったのか食欲が出てホッとしました。
子供なりに何かを感じたのでしょう、体に合っていると診ていただいた健康食品のエキナシアを頑張って飲み、通院も楽しみにしていました。
今では夜もぐっすりと眠り、元気に通学しています。
子供も痛がったりしないやさしい治療で治していただき喜びでいっぱいです。

このページのトップへ

夜尿症

「夜尿症」6歳

尿失禁、夜尿症、手足の冷えでかかりつけの病院で相談していましたが、特に原因もなく「そのうち自然に治りますよ」と言われるばかり。
小学校入学を前にのんびりもしておれず、以前母親が腰痛、肩こりを治した当院に相談、治療を始めました。
ストレス(不安や、恐怖、混乱など)やアレルギー(花粉症、ハウスダスト)がたくさんあることが次々に分かり、治療を続けるうちに手足の冷えも取れ、本来の元気が出てきました。
4回目の治療が終わった頃から、失禁の回数も極端に減り始め、小学校にもあがり楽しく通っています。

このページのトップへ

その他の症状

「首の痛み」4歳

3歳の時、突然「首が痛い~」と泣き出し、すぐに診て頂きました。
治療を怖がるふうもなく、むしろ気持ちよさそうな顔をしており、帰りにはケロッとしていて安心しました。
今でも健康診断を兼ねて時々治療に通っています。

このページのトップへ

院長の症例コラム -⑤乳幼児~小児の症状ー

「起立性調節障害」2010.6.21

8歳の女の子が、頭痛と首の症状を訴えて来院。頭痛は毎日のようにあり、首の症状は土曜、日曜、月曜日にかけてあるという。9か月ほど前に立ちくらみで急に倒れて大学病院を受診。起立性調節障害の診断を受ける。
起立性調節障害とは、自律神経系の機能異常により、代償機構が障害を起こし、血圧が低下し、脳血流や全身への血行が維持されなくなり、立ちくらみやふらつきが起こったりする。血液による酸素や栄養の供給が悪いので、すぐに疲れたり、また疲労からの回復が遅れる。
さらに脳血流が悪いために、思考力は低下し、集中力もなくなってくる。心臓は代償性頻脈を起こすため、起立状態や少しの運動で息切れ、動悸を起こすようになり、とても身体が辛く感じる。身体を横にすると全身への血流が回復するため、このような症状が軽減し身体が楽になりる。起立性調節障害の子どもは、ごろごろと横になることが多いのはこのためといわれる。
最近は大分いいとのことだが、クラスが変わったりすると症状が元の状態に戻るような感じで、変化がみられないとのこと。病院では投薬を受けている。
ファミリーカイロで施術を始めて3回目の来院日に、お母様によると、毎日のように生じてい昼間の頭痛は良くなったが、毎晩8時半ぐらいになると頭痛が起きるとのこと。その原因パターンを診てみると、兄弟関係が絡んだ、リビングの席の優先順位に関係が伴っている様子。頭ではお姉ちゃんが一番いい場所に座ることは納得している様子だが、身体は緊張パターンを生じさせていた。
施術開始から7週間後の5回目の施術日には、毎晩生じていた頭痛は改善されたとのこと。主なのアンバランスパターンは改善されたようだが、枝葉のパターンが隠されているので、継続的な治療が望まれる。

このページのTOPへ

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1番出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14001900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081