腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!English abailable(英語可)米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

喘息

「小児の喘息」2010.6.30

先日、喘息による咳と胸の痛みで10歳になる男の子が来院。
14か月前にも喘息による咳と胸の痛みで来院され、待合室にいるときから咳が止まらず苦しんでいたので、その時のことは良く覚えている。
その時は、一回だけの治療だったので、その後どうでしたかとお母様に尋ねると、その後は良かったが、また、最近、喘息の症状やアトピーがでてきて、病院の治療を受けているがあまり良くならないので、再度、来院して下さったとのこと。
前回の治療において、聴覚情報では、お友達関係や勉強、スポーツ、味覚情報では牛乳など様々な反応がでていたが、今回は、新しく導入した「感情チャート」を使い、前回よりもスムーズに施術を行うことができた。施術後には胸の痛みや咳も治まった。
喘息やアトピーなどのアレルギー症状は、脳が様々な情報に対して過敏に学習している結果である。脳の過敏な学習を柔軟に再学習すれば、症状は改善されるだろう。
しかしながら、このような症状は、一夜にして生じる様なものではなく、様々な学習が慢性的に繰り返された結果なので、その症状の改善には、脳を再学習させるために、少しずつ繰り返し学習を深めていくことが大切だろう。
一夜漬けの学習で一時的に良くなることもあるが、再学習が強化されていなければ、すぐに元の状態に戻ってしまうことも少なくはない。施術によって、症状を引き起こしている無意識の習慣を意識化し、施術を継続しながら、症状を引き起こさない無意識状態へとプログラム化することが本質的な治療になるだろう。

このページのトップへ

花粉症

「花粉症の改善」2010.4.16

先日、花粉症が急に悪化したとのことで来院。鼻水と涙目で目が開けられないくらい悪い状態。花粉症は20年からとのこと。病院でも薬を処方されており、くしゃみの方は止まったとのことであるが、その他の症状には効き目がないらしい。
原因を調べてみると、まずは、ニュースなどによる花粉情報に過敏になっていた。それと社内でのストレス、そして、最後にお母様の心配が絡んでいた。
事情をお聞きすると、今度結婚されるとのことで、長年一緒に暮らしていたお母様が一人暮らしになるらしい。自分のせいで独りぼっちにさせるのだと思うと悲しい思いがするとのこと。
花粉症の原因の多くにこの悲しみの情動が隠されていることが多い。ヒトは悲しい時に涙を流し、鼻水を流す。意識では悲しみを感じていないのだが、潜在意識では悲しもを感じており、恐らくいまにも泣きだしそうな神経回路のパターンができており、そこに花粉などのアレルゲンが刺激をして、鼻水や涙のスイッチを入れてしまうという理論である。
この理論は、科学的に証明されている訳ではないが、臨床的にはこのパターンが多く、深い潜在意識レベルの因果関係が明確になるとほとんどの患者さんの花粉症は改善されている。
この患者さんは、3日後に来意され、「花粉症が治りました」とご報告していただいた。その日のニュースでも花粉が飛んでいるという情報を聞いているとのことだが、症状が出ていないのでほんとうに良くなっていると思うといわれていた。
全ての患者さんが一回の治療で治るわけではないが、花粉症の治療を受けた患者さんからは今年は花粉症に悩まされなくなっているという報告を受けることが多い。
一般的に花粉症の治療は、対症療法がほとんどなので、この本質的な治療法をもっと多くの人の知らせてあげたい。

このページのトップへ

「花粉症の本質的な改善は単にアレルゲンだけではない」2009.3.6

昨日、花粉症の治療をした患者様が二名ほど来院された。お二人とも一回の施術で改善されたとの喜びの声をいただいた。
お1人は3週間ほど前に来院された。ほぼ10年位前からの症状で、温度変化や花粉の時期には悪化するとのことだったが、一回の施術でかなり改善された様子で、原因反応もそれに伴って消失していた。
お二人目は一週間前に来院され、ティッシュが手放せないほどだったが、前回の治療後は大分改善されたとのことだった。花粉の季節になったという情報が入ってから悪化したような気がするとのことだったので、その聴覚的情報を再現してから調べて見ると「緊張パターン」として反応を示した。
お二人とも聴覚で受ける過敏情報が鼻炎を引き起こす「緊張パターン」の原因になっており、いくつかの「緊張パターン」が「リラックスパターン」に切り替わると、その分だけ鼻炎症状が改善されていた様子だった。
花粉症の症状では、一般的には花粉などのアレルゲンに目を向けがちになるが、本質的な原因はそのような脳に「緊張パターン」を引き起こすプログラム化にあり、そのプラグラムを変えることが本質的な治療効果につながるようだ。
花粉症の本質的な原因は単にアレルゲンだけではないとうことをもっと多くに人に認識してもらいたい。

このページのトップへ

アレルギー

「唇の腫れ」40代女性(スタッフ記)2011.3

2か月前から唇が荒れて、病院へ行ったが治らないAさん。毎朝起きるとぷっくり腫れているそうです。
院長が原因を検査していくと、新年会の場面で緊張反応を示しました。
ご本人は新年会でストレスを感じるようなことは全く心当たりがなく、お正月の出来事が影響していると思っていたようで、納得がいかない様子です。
院長が検査を進めていくと、新年会での人の声、感情のキーワードは「意欲」で緊張反応を示しました。
また、新年会での食べ物や飲み物でも緊張反応があり、感情のキーワードは「意欲」。
「意欲」のキーワードが重なったので、どんな「意欲」なのかを特定していきました。
Aさんは地区の役員を務めており、来年度も役を引き継ぐ予定とのこと。
そのことで意欲的になっていたようです。
しかし、ご本人は意欲的になっているとはこれっぽちも思っていないとのことで、検査結果に戸惑っている様子でしたが、そういう自分を認識していただき、施術を行いました。
他にはリップクリームやクレンジング、鏡の中の自分の顔で緊張反応を示していたので、施術。
この日は複雑な顔をされて帰られましたが、二日後に来院され、唇の腫れが引いたとのご報告をいただきました。
唇を見せていただくと、かさつきは残っているものの、徐々に改善していくだろうというのが見てとれました。
Aさんのように、いろいろな病気や症状を引き起こす原因は、自分で分かっている意識と自分では分からない意識がかけ離れて、自律神経のバランスを崩したり、気の流れがうまく循環しなくなったことにあるのです。

このページのトップへ

「医学的情報VS本能的感覚?」2011.2.4

先日、ある患者さんが雑誌のコピーを持ってきてくださった。野球で有名なイチロー選手のことが書かれており、私が患者さんに言っていた考え方とまったく同じ考え方をしているという。
雑誌の名前はNumberといい、特集のタイトルには、『アスリート 最強の食卓 「食と野球人生と」イチロー』と記載されている。
何が同じ考え方なのかな・・・と興味深く読んでみた。なるほど、確かに食生活に対して同じような考え方をしている。
イチロー選手と同じ考えだからといって、食生活に関して同じ教育を受けたわけではない。ただ、これを読んで感じたのは、イチロー選手も私も経験と感覚で培った考え方を重視して、一般常識にはとらわれないという点で一致しているとうことだろう。
年齢を重ねても変わることのないパフォーマンスを生み出すために、栄養学に頼るアスリートは少なくはない。しかし、イチローはそうではない。(January 2011 Number 20)より引用
イチローは、栄養学についての意識は皆無に近く、栄養学の知識もないし、勉強もしたことがないとのこと。
「・・・食べることが好きな人がそこを縛られてしまったら、別のストレスが増えて病気になるんじゃないかって思っちゃうんですよ」とイチローは述べている。
イチローは、技術を磨くことに関しては絶対的な自信を持っている。・・・・・そして同時に、その技術を必要とする場面で、正確な技術の再現を邪魔するのが心だということも知っている。だから普段からストレスを溜めないように意識して、心の状態に起伏が生まれないように、同じリズムで生活をしているのである。(January 2011 Number 20)より引用
イチロー曰く、
「・・・仕事のなかではストレスは溜まります。なのに、食事の席でカロリーがどうした、野菜はどうだ、この肉が何だって聞かされたら、ストレスを感じるじゃないですか。結果、脳ミソに何かが溜まっちゃうこともあると思うんです。でもその一方で、栄養を考えてバランスをよく摂らないと、それも身体のどこかに疾患が出る可能性がある。そう考えると、ストレスの溜まり方は人それぞれなので、食とどう対峙するかも人それぞれがいいと考えています。」(January 2011 Number 20)より引用
イチロー選手は、何を食べたら身体に良いなどと「頭で考えて」食べるのではなく、「感じるまま」に食べているようだ。「甘い物を食べすぎないように・・」とか、「野菜を食べないと健康に良くない・・・」といったような、食生活に対する一般常識的な考え方に囚われず、本能に任せているという感じである。
つまり、医学的情報からもたらされる「栄養素」を重視しているというよりも、本能的な「美味しいという感覚」を重視している。
私は、ドクター教育のカリキュラムの一環として栄養学を学び、実生活でもサプリメント等も含めて、健康を維持するという目的で栄養のバランスに気を使った時期もあった。
しかし、ニューロパターンセラピーによる臨床研究を通じて、本質的な原因パターンを検査していくうちに、健康飲料水や栄養バランスを規則正しく守ること、あるいは、身体を温める食事をしなければならない・・等の健康情報に囚われてしまう方が、むしろ身体に影響を及ぼしているということが明確になり、患者さんにもそのような説明をさせていただいている。
この記事をご紹介してくれた患者さんは、お子様のアトピー性皮膚炎で通院されている。通院当初は、いくつかの病院で治療を受けたり、様々な所からの情報を得たりして、食事のバランスや制限にかなり神経を使っている様子だった。
食事制限がストレスになり、そのネガティブな感情や制限に関する信念がお子さんにも影響を与えていた様子。検査反応の結果を通じて、「食べたいモノは、ほどほどに、美味しく食べた方が身体のバランスがいいようですし、その方がお子さんにもいいかもしれませんよ・・・。」というような内容のことをお話ししたことがある。
病院では、アレルギー症状がある場合、アレルギー検査をして、食事制限を指導する。検査結果に従って、食事制限を指導するのは簡単だが、指導された方は大変である。本人はもちろん、その家族にもその影響が波及してくる。
ニューロパターンセラピーでのアレルギー治療は、アレルゲンを避けるのではなく、身体がアレルゲンに適応できるように施術を行っている。まじめな患者さんにとって、医学的データに基づく「食事制限」は、一種のマインドコントロールとして作用することがあり、それは、時として自然治癒力に制限を加えているかのように感じることがある。
また、医学的なアレルギー検査で、アレルギー反応が強いと診断された食品などが必ずしも当院の身体を使った検査と一致するとは限らない。血液検査によるデータに基づくアレルギー検査がどこまで臨床上重要なのか、また、アレルギー検査で陽性反応がでたからといって、それが、直接的に症状につながっているのかどうかについては、疑問に感じることが多い。
医学の科学的なデータが正しいのか、身体の反応が正しいのか、ということになるかもしれないが、選択するのは患者さん自身なので、検査反応はあくまでも情報としてお伝えするようにしている。
今回、この記事をご紹介してくれた患者さんご夫婦は、来院当初、お子さんの症状がとても重く、周囲からも色々なアドバイスを受けて、色々な面でご苦労をされてきた。様々な情報があり過ぎて、何を信じていけばいいのか分からないという状態だったかもしれない。
最近では、症状も改善されてきて、治るという自信が持ててきている様子で、少しずつ安定してきている様子。また、お子さんの症状で、とてもご苦労をされている一方で、様々な学びを得られている様子が良く分かる。それは、健康に関することだったり、家族の和であったり、きっと将来役立つ学びなのだと思う。
今回、このような記事をご紹介していただけたということは、患者さん自身が、様々な医学的な情報よりも、まずは自分の身体、自分の感覚を信じることの大切さに共感していただいているということなので、そのことはとてもうれしく思う。

このページのトップへ

「アレルギー」2010.2.7

先先日、アレルギー症状で困っているお子さんが、テレビ番組で紹介されていた。途中からたまたま目にした番組だったが、アナフィラキシーショック症状を発症してから、病院からアレルギー症状に関係する食品の除去を指導され、その食品除去の影響で栄養が偏り、骨が変形してくる病併発して、足の骨が変形してきているという。
病院ではそれでは良くないということで、今まで完全に除去してきた食品を、病院で徐々に摂取してもらいながら改善していく方法が紹介されていた。
病院のアレルギーの治療は、基本的にはアレルギー反応のある食品を除去するという手法が主流で、減感作療法という本質的療法もあるようだが、まだ一般的には知られておらず、ほとんどが対症療法のようだ。
今回の番組ではその対症療法の弊害に気付いて、アレルギー食品を身体に合わせようという手法を試みていたようだ。
食品の除去療法は、療法というよりも、単に身体に合わないものは避けて、排除するという考え方で、身体に合わないものを身体に合わせようとする治療概念はほとんどない。
心身条件反射療法のアレルギー治療は、減感作療法の考え方に似ていると思うが、アレルゲンも含めて、身体に合わない情報を合わせて適応力、免疫力を身につけるという考え方が基本にあるので、様々なアレルギー食品や物質に触れても適応できる体質へと変化してくる。
基本的に脳には柔軟性(可塑性)という性質があるので、強い毒物以外は、様々な食品や物質などに適応できる能力を本来持ち備えている。
ただ、適応できる学習能力がある一方で、過敏になる負の学習能力ももち備えているから、アレルギーのような症状を引き起こされるのである。
よって、アレルギー症状の治療では、脳がどのような過敏学習をしているかどうかを検査して、治療では「過敏」から「適応」へと再学習を促す治療を施す。
アレルギーの治療の基本は、脳の再学習なので、脳が学習するためにある程度の治療期間が必要である。一つのことに慣れるのに繰り返しの学習が必要なように、一つのアレルゲンや刺激情報に慣れるのには繰り返しの学習が必要になる。
よって、アレルギー症状に対する治療期間も症状を抱えている期間や、アレルゲンの種類、病的学習パターンの深さによっても人それぞれに様々である。
しかしながら、「過敏」学習を消去法のように「適応」学習に変えていく限り段階的に改善されてくることがほとんどである。肝心なのは、根気強く治療を継続して、何が原因で、どのように改善していったのかを肌で感じ、自分の体質改善に自信をもつことである。

このページのトップへ

「ハゼの木によるアレルギー症状」

先日、患者様から「ハゼの木にいつもまけてかゆくなるのですけど何とかなりますか?」、という相談を受けた。子供の頃からものすごく過敏だったらしく、今回は庭にあるハゼの木のまわりに雑草がたくさん茂っているので何とかしたいらしい。
検査をしてみると、ハゼの木のイメージで明らかに「緊張パターン」を示したので、ニューロパターンセラピーを施した。
次の来院日では、今回はハゼの木のまけなかったという喜びのご報告をいただいた。
皮膚のアレルギー症状などは、症状が発症してから施術することが多いが、このように前もってアレルギーの施術をすることもニューロパターンセラピーでは可能である。
様々なアレルギー疾患があるが、原因が明確であればあるほど効果がある。その原因とは単に物質的なアレルゲンではなく、マインド的な情報アレルギーが明確であることが効果を引き出す鍵になる。

このページのトップへ

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14:301900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081