腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!English abailable(英語可)米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

卓球

「イップスの症状(卓球)」2010.8.26

半年前のイップスの症状で1度来院され、遠方からの来院だったので、その後どうされているか心配していた。7か月後の来院になり、今回は卓球のラケットとピンポン玉を持参されていた。
初回の検査では、「視覚情報」「聴覚情報」「身体感覚情報」に関係した反応が示されており、前回のパターンを再検査してみると、ほとんど反応を示さなかった。つまり、前回の施術の分だけ効果があったがことを示す。
しかしながら、今回は基本のフォアーの時にだけ、肩周辺の緊張を感じるという。そこだけ診てほしいとのこと。ラケットとピンポン球を持参されていたので、治療前にフォアーの動作をしてもらう。第三者からみてもほとんど分からないが、本人は肩に周辺に緊張を感じているらしい。
卓球のフォアーの動作から検査をしてみると、未来関係で「安全」というキーワードがでてきた。何か「安全」というキーワードに対して心当たりはないかどうかを尋ねてみると。「安全に打つ」「基本通りに安全に打つということかな~」という答えが返ってきた。
つまり、フォアーという卓球の「基本動作」に意識が集中し過ぎているということが分かった。そこで、そのフォアーの「基本」は何のための動作なのかという質問をさせてもらい、その目的につなげるイメージングをしてもらう。
すると、基本動作に集中したイメージングでは反応を示していたが、その基本を目的につなげるイメージングをすると反応は示されなくなった。
その後、ニューロパターンセラピーでの調整を行い、再検査をすると、基本動作でのイメージングでは反応が示されなくなり、実際に持参されたラケットとピンポン玉で基本動作を試してもらっても、肩の緊張、すなわちイップスの症状は生じなくなった。
「基本動作」で何か思い出されたようで、バウンドテニスのサーブの際にも緊張があるとのことで検査をしてみると、やはり、サーブの基本動作に意識が行き過ぎて緊張しているということが分かった。
卓球のフォアー以外に、スマッシュを打つ際にも違和感があるとのこで検査をしてみると、やはり、スマッシュの基本動作に意識が集中し過ぎて、脳の神経回路が誤作動を起こしているのが分かった。
スマッシュのフォアーと同様に、何のための動作なのかを明確にして、ニューロパターンセラピーを施すと反応が消失した。恐らくこれでイップスの症状はかなり改善されているだろう。
治療後にもう一度、実際にラケットとピンポン球で、フォアーの素振りを何度かしてもらうと、違和感は何もなかった様子で、喜んでいただいた。
イップスの症状で悩まされているスポーツ関係者は多いと思うが、何が原因でそのような誤作動を生じさせているのかが明確なれば、ほとんどの症例で改善されるだろう。
ニューロパターンセラピーをイップス療法と特化してもいいくらいである。

このページのトップへ

サッカー

「踵骨骨端炎」2010.8.25 

10歳の男の子が、両踵のの痛みで来院。整形外科では、レントゲン検査を受け、踵骨骨端炎、疲労骨折という診断を受け、温めの施術を行ったという。2か月前の発症し、数回、整形外科を通院したが、改善が見られないのでご紹介を通じて来院。
触診をしてみると両踵に圧痛があり、特に右側が強い。背骨の触診をしてみると、特に胸椎下部周辺に筋緊張があった。
アクティベータメソッドで骨盤、背骨、そして特に踵と下腿のバランスを検査するとほとんどの検査法で反応を示す。かなり不安定な状態であることが伺えた。
その後、ニューロパターンセラピーにて、両踵に関係する原因パターンを調べてみると、物音→サッカー関係→友人がボールを音というパターンで緊張していることが判明。
それを「リラックスパターン」に切り替えると、「緊張パターン」は消失。施術後、踵の圧痛や背骨周辺の筋緊張は軽減。
5日後に2回目の来院。男に子に「どうでしたか?」と尋ねると、「効いた!」、すなわち効果があったというお返事をいただいた。
触診をしてみると、やや左側に圧痛がある程度でかなり改善していた。アクティベータメソッドでも左側のみ、数か所の反応が示された。その後、ニューロパターンセラピーで検査をしてみると、前回は両踵に反応をしめしていたが、今回は左の踵のみ反応を示す。
聴覚情報→サッカー仲間の声→「存在感」というキーワードで反応を示したので、そのパターンを切り替えた。
一般的に、踵骨骨端炎の治療といえば、しばらくスポーツを制限するとか、装具をつくるとかであるが、それらはあくまでも対症療法で、本質的な施術ではない。
成長時期に激しい運動するのが原因とされるが、それではとても単純過ぎる説明である。すべてのスポーツをする子供が成長期に成長痛があるわけではない。
身体だけの原因を言えば、足を着く際に、関節がクッションの役割をしてないことが原因である。つまり、関節を創る筋肉、靭帯、そして、それをコントロールする神経系の働きに問題があるのである。されにその神経系のバランスを崩す原因がソフト面(メンタル面)に隠されており、ハード面とソフト面の関係性を善くする施術まで踏み込まないと本質的な改善にはならない。
ファミリーカイロに来院される踵骨骨端炎や膝の下が痛くなるオスグート氏病などの成長痛は、スポーツを制限させるような安静を勧めたりはしない。スポーツができる様なバランス調整に努めて、できる範囲内でスポーツをしてもらい、症状があれば、そこから原因を追及して施術を行うのが基本である。
症状が発症してすぐに来院してくれると治りも早い、一年以上も対症的に施術を行うと、様々な学習記憶が絡んで長引くこともある。しかし、信頼してある程度施術を継続してくれ限り、ほとんどの症例で改善されている。

このページのトップへ

ゴルフ

「手首の違和感」 2010.8.20

メンテナンス的に通院されている患者さんが、久しぶりに手首に違和感があるとのことで来院。
検査をしてみると、「聴覚情報」→「ゴルフ関係」→「探究心」とのパターン反応がでた。お聞きしてみると、最近、ゴルフのスクールに通うようになり、技術的に上下の変動や中心軸をぶらさないようにするという意識が強くなっているとのこと。
その意識のイメージで検査をしてみると「緊張パターン」を示す。スポーツ選手によく生じやすい「緊張パターン」で、技術的な技法に意識が向きすごると、神経‐筋肉の関係が不自然になりやすく、それが過度になると「イップス」などの症状につながる恐れもある。
このような反応がある場合、患者さんには「その技術によって得られる結果は何ですか?」という質問をする。多くの患者さんは、その技術の先にある結果につながるイメージができるようになる。
その技術と結果がつながるイメージができると「緊張パターン」は消失する。つまり、結果につながるイメージができると、脳が結果につながる神経回路を創り、その神経回路のプログラムによって無意識に筋肉の働きがパターン化され、目的のためのパフォーマンスを自動的にしてくれる、というわけである。
患者さんは、「これは、スポーツだけでなく、仕事や生活など全てにつながることですね・・・」とその気づきに感動されていた。
そして、症状もその場で改善され、とても納得されていた様子だった。
冷静に頭で考えれば、その結果(目的)のために行っているということは理屈では分かっているが、脳では無意識のうちに、その目的とのつながりが切り離されて、何のために行動、何のために思考なのかが分からなくなり、神経回路のつながりが分離状態になって、結果を得る行動に結びつかなくなってしまった現象である。
これは、スポーツに限らず、今行っている行動や思考は、何のためなのかという「つなぎ」は、意識的にしておく習慣を身につけておかないと、無意識のうちに切り離されてしまい、肉体的にもメンタル的にも誤作動を起こす恐れがあるということである。

このページのトップへ

「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」2010.6.15

先日、ゴルフのプレー中に手首を痛めて来院。「緊張パターン」の原因を調べてみると、「楽しみ」という肯定的な感情が絡んでいた。患者さんに思い当たることはなかったかを尋ねてみると、手首を痛める前に、とても楽しい気分になっていたという。
恐らく、「楽しい」という感情が過剰になり過ぎて、自律神経系がアンバランス状態になって筋肉の緊張を引き起こさせていたのだろう。
施術後すぐに、手首の違和感は改善された。
論語に「過猶不及」、すなわち「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」ということわざがある。何をするにも、いき過ぎになると、それがどんなに良いことでも、バランスを崩してしまうという意味で、心身相関的にも、感情が過剰になると、たとえ肯定的な感情であっても自律神経系のバランスを崩して、症状を引き起こしてしまうようだ。
論語では、さらに片寄のない「中庸」の大切さを説いている。「過ぎることもなく、及ばぬこともなく、しかも偏らないで、終始変わらないようにバランスを保つことが、人間の道徳として価値が最高至極のものである。」としている。

このページのトップへ

ダンス

「前向きな感情もほどほどに・・・」2010.7.13

「鼻炎もありますか?」
「いえ、感動して・・・」
治療を終えて、リラクセーションをして、ホットパックでうつ伏せになっている間、紙タオルが涙で滲んでいた。
「もう、本当に治ると思います。・・・」
初診では、足の親指の付け根と足首周辺の痛みで来院され、傾向として、「希望」や「意欲」、「快」などの肯定的感情が強すぎて「緊張パターン」を生じさせいているようだった。治療直後には痛みがかなり改善された様子だった。
2回目の施術では、以前より良いが、やはり足の親指の痛みがあるという。また、ダンスの際に思うように身体が動かないとのことや、過去の事故以来、胸や肩の症状があるとのことでその事故が原因ではないかということも言われていたので、それぞれに原因パターンを検査した。
事故の際のイメージをしもらうと「緊張パターン」が示されていたので、その「トラウマ」の施術も行った。
そして、今日の3回目の施術では、ダンスの際の身体が重い症状の反応や事故によるトラウマの症状の原因の反応も改善されていた。しかし、足の親指と足の外側の症状はあるとのこと。
原因を調べてみると、やはり「希望」などの前向きな「緊張パターン」が示され、ご本人も何かに熱くなる傾向は自覚されているとのことだった。
施術ではその「熱くなる」傾向をやや下げるパターンに切り替えるニューロパターンセラピーを施した。
治療後はとてもすっきりしたとのことで、大変喜んでいただいた。
とても前向きな「緊張パターン」だが、度が過ぎると身体が「緊張パターン」になり、様々な症状を引き起こしてします。
ポジティブなことでもほどほどの調整が必要になる。前向きな心や喜びもほどほどが丁度良い。

このページのトップへ

テニス

テニスのイップス」 2010.6.22

先日、ブログでセルフイメージのタイトルでご紹介させていただいた両膝の痛みの患者さんのその後の経過をお伝えしたい思う。
半年前に中耳炎で入院され、その後、両膝の痛みが生じたとう経過があり、単にセルフイメージの施術だけでは根本的には改善されないだろうと予測はしていた。一回目の施術でその時は症状が改善されたが、自宅に戻ってしばらくすると元に戻ったとのこと。
その後、2回ほどセルフイメージの施術を繰り返し、4回目の施術では、本質的な原因パターンが現れてきた。それは、娘さんの結婚に関連したことが絡んでいた。まだ、正式に結婚はしていないが、遠方へ嫁ぐことになっているとのこと。また、下の娘さんも家を離れて現在では一人暮らしをしているとのこと。
事情を詳しくお聞きしてみると、長い間、ご主人と二人の娘さんの4人の家族生活に慣れ親しんでおり、症状が生じる前ぐらいから、ご主人との二人の生活になったとのこと。人のお世話をすることに生きがいを感じていらっしゃるような、やさしいお母様という印象が伝わってくる。
膝だけの症状ではなく、部屋に引きこもるような「うつ」のような症状もあったとのこと。「空の巣症候群」といわれる現象で、二人の娘さんが巣立ち、お世話をしていた子供たちがいなくなりポッカリ穴が開いた状態。ご主人との二人きりの生活に不満があるわけではない。いつも付き添われているご主人は思いやり深い方で、奥様が改善されるように暖かくサポートされている様子が伺える。
病気になって家事のこともご主人が手伝ってくれていたとのこと。様々な緊張パターンの中で、朝の膝の症状の原因を調べてみると、朝の空虚感の反応がでていた。以前は毎朝、家族のためにお弁当を作るのが日課だったとのこと。喜んで食べてくれる娘さん達がいなくなり、毎朝の行動パターンが変化したことも症状の一因につながっていたようだ。
初診から7回目の施術では、娘さん達への「期待感」や仕事を頑張らないといけないという「意欲」の反応が示されていたが、膝の症状がぶり返すこともかなり少なくなったとのことで喜ばれていた。紹介者の方からもお電話をいただき、症状が改善したことにとても喜んで下さっており、ご紹介者の方からも感謝のお言葉をいただいた。
このような施術法は世間一般的ではないので、最初は半信半疑だったと思うが、施術の回数を重ねるごとに、原因パターンが整理され、それに伴って症状も改善されるので、納得せざるを得なかったと思う。
このように、病院では肉体的に異常がなく、「どこも異常がない」といわれて、症状で悩まされている人は多いだろう。「脳が症状を創る」といわれてもピンとこないのが当然の社会ではあるが、いつかこのことが当たり前になる社会になるように、この施術法を広げて、症状で困っている多くの人のお役にたてればと願う。

このページのトップへ

陸上

「自己ベストの記録が出ました!!」2010.2.18

先日の延岡西日本マラソンに出場された選手が来院され、自己ベストの記録がでましたとのご報告をいただいた。
延岡西日本マラソンは九州3マラソン大会のひとつで、国内の一流の選手が参加する大会で、テレビでも中継されていた。
大会の9日ほど前に、昨日より急に肩が痛くなり、スムーズに挙げることができない状態。その三日後の来院日にはかなり改善。
そして、大会の3日前に来院していただいたとき、その前日には微熱がでて一日休んでいたとのことだった。しかし、全体的なバランスを見てみると安定感があったので、新たな病的学習が生じなければ、大会当日には本来の実力が出せるだせるのではないかと感じていた。
予想通り、安定した走りで自己ベストの記録をだされた。優勝できなかったことは残念だが、3位に入賞された。何よりもご自分の実力が発揮できるかどうかが大切だと思う。
今回で10回目の治療になるが、柔軟性のある選手なので、今後もバランスのとれた脳と身体の学習がスムーズに行われ、さらに潜在的な実力が発揮されるように感じる。
今後のさらなるご活躍を期待したい。

このページのトップへ

野球

「イップス 野球 送球恐怖症」2010.5.8」

以前、投球恐怖症で通院されていた患者さんが、2週間前の試合で再発したとのことで来院。半年ほど前に5回ほど通院され、その後の経過は、9割ぐらい良くなっていたとのことだった。
今回、イップスに関係するいくつかのパターンの中で大切な気づきだと感じたことは、コントロール面だった。どのように投げているかを質問すると、相手のグラブに向けて投げているとのこと。そのイメージで投げると「緊張パターン」を示す。それに代わる「リラックスパターン」のイメージは、相手のグラブではなく、相手が取りやすい所やランナーをタッチしやすい所に標的を向けることにした。すると、イップスを生じさせる「緊張パターン」が消失した。
それ以外にも、大学卒業後の進路が不明隆なことも間接的に影響を与えていたようで、野球とは全然関係ないことであるが、主体性がないという意味では、相手が指し示すグラブを向けるという受け身のイメージは共通していたようだ。
一度改善している経験があるので、早期に改善するだろう。

このページのトップへ

交通事故

「交通事故による学習記憶(トラウマ)」2010.5.9

保険会社さんから電話が入り、患者さんが当院の施術を希望されているとのことで、施術を依頼された。
3週間ほど前に道路を走行中、減速した際に後方の乗用車に追突される。急ブレーキを踏んで再度追突され、その事故では2回連続して追突されたとのこと。
病院の検査では、レントゲンとMRIを受けたが、特に構造的な問題なく、頚部捻挫の診断を受ける。、週に3回、2週間、牽引、マイクロフェーブ、湿布の施術を病院で施療中とのこと。
ファミリーカイロ来院時の症状は、朝方には痛みはないが、日中にかけて徐々に痛みがくるとのこと。
当院ではアクティベータ療法にて、神経関節機能障害部位を検査し、その調整を行う。交通事故やスポーツ障害の場合、事故当時の衝撃刺激が脳に学習記憶され様々な慢性症状を引き起こす原因となる。
ニューロパターンセラピーでは自律神経系に学習記憶された「緊張パターン」検査して、「リラックスパターン」に切り替える施術を行う。
一回目の施術では、2回目の衝突、事故時の衝撃音、相手ドライバーの声などが「緊張パターン」として示され、「リラックスパターン」に切り替える施術を行う。
二回目の施術では、事故当時衝撃音が再度反応を示し、ブレーキを踏んだ際の感覚なども新しく反応を示していた。そして、患者さんによると、その事故を起こされた車はとても愛着のある車だったとのことで、そのことがとても悔やまれるとのことで、そのことがストレスになっているのではないかと打ち明けて下さった。そして、最後には保険会社さんに誠意がないことにも引っかかっていた様子だった。
3回目の施術では、前回の衝撃音などには反応は消失。しかし、保険会社さんとの関係による緊張パターンは繰り返されていた。修理をしてもらったとはいえ、愛車が事故車になったことはとても心残りだろう。それを前向きに考えるのにはとても難しいということが良く伺えた。
しかし、その「緊張パターン」を身体に悪影響を与えないようにもしたい。とても難しい状況である。そこで、患者さんには、「後、何年後ぐらいまでにそこことを引きずって悔やんでいると思いますか?」という質問をさせていただき、身体での反応も確認させていただいた。
一年後や二年後ぐらいでは開放されない様子なので、年代別に質問させていただいた。
患者さんは現在20代後半なので、30代になったとして、今回の事故のことを振り返ってみて、やはり、悔やんでいるかどうかを尋ねてみた?患者さん曰く、悔やんでいいる様な感じがするとのことで、身体の反応も「緊張パターン」が示された。
では、40代になったとして、今回の事故のことを振り返ってみてどうですか?という質問をさせていただくと、患者さんはしばらくイメージを膨らませて・・・・「何かどうでもいいような感じがする・・・・」とのことで、笑い飛ばしていた。身体の反応も「緊張パターン」は示されなかった。
治療後は頚肩部の症状もすっきりた感じだった。
この調子で治療を継続していけば、脳に学習記憶されているトラウマ情報も柔軟性が増し、事故に関連している症状も改善されるだろう。
ニューロパターンセラピーでプラスのイメージが難しいケースの場合には、時系列で未来にさかのぼり、そこから振り返ってもらって、「過去進行形」のイメージをしてもらうと、とてもパワフルである。
しかし、このような交通事故の例で、相手や保険会社との交渉がもつれ、泥沼化して、裁判をするしないで2年も3年も引きずって多大な時間と労力を費やし、肉体的のみならず、精神的、社会的にも悪循環なってしまう例は少なくはない。
交通事故などのように被害者、加害者というような複雑な関係性が生じる場合には、単に肉体面だけのケアでは不十分になる。このような場合は、早期にニューロパターンセラピーのような心と脳と身体面の関係性を診る施術が必要になるので、保険業者さんには特にこのような施術法があるということを知ってほしいと思うし、事故を受けた患者さんにはぜひ進めてほしい療法である。

このページのトップへ

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14:301900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081