腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!English abailable(英語可)米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

心身条件反射療法からみた
一般的概念に対するQ&A

多くの人が経験している腰痛・肩こり・頭痛などの原因は何だと思いますか?

この質問に対する一般的な回答の矛盾点などについて、ニューロ・パターン・セラピー(心身条件反射療法)的にはどのような回答ができるか考えてみましょう。
まず、「多くの人が経験している腰痛、肩こり、頭痛などの原因は何だと思います
か?」
という質問に対して、一般的には以下のような回答が多いでしょう。

●背骨が歪んでいるから・・・・
●姿勢が悪いから・・・・
●咬み合わせが悪いから・・・・
●身体の使い過ぎで・・・・


一般的にはこのような切り口で、原因と結果の説明をされる傾向があります。
どの説明も間違ってはいないかもしれません。しかし、本質的な説明になるかどうかという意味では問題があるかもしれません。
では、それぞれの回答について考えてみましょう。

背骨が歪んでいるから、腰が痛くなる、首が痛くなる ・・・本当にそうでしょうか?

まず、腰の痛みの例を考えてみましょう。
重いものを持ち上げてから腰が痛くなったと訴えて病院や治療院を訪れる人は少なくはありません。
このようなケースでは、治療者を含めた多くの人が、物を持ち上げる際に背骨が歪んだり、ずれたりしたと考え、その歪んだ背骨を治さなければ腰痛が治らないと考えます。
重い物を持ち上げる際の姿勢などの影響もあるかもしれませんが、本来は持ち上げることが可能な物を持ち上げている場合が多く、自分の力の許容範囲を超えた重量のある物を持ち上げることはできません。よって、単に重い物だから腰に負担がかかりすぎて背骨が歪むということではありません。

ぎっくり腰という急性腰痛の患者さんの多くは、結果として腰が歪みます。結果としてという意味は、痛みをかばったり、筋肉の異常緊張によって歪むということです。
背骨は筋肉で支えられ、その筋肉の働きによって背骨が動きます。
よって、背骨が歪んだり、ずれたりしているとすれば、その前提条件として、背骨を支えている筋肉の異常緊張がなければ、背骨の歪みは生じないことになります。
もしも、筋肉の異常緊張がなく、背骨が歪んでいる場合は、背骨や軟骨などの変形が考えられます。その場合、もともとある変形を腰痛の原因などと結びつける場合が多いようですが、それらのもともとある背骨の変形などの多くは症状の原因ではないことがほとんどです。背骨は老化現象にともなって、変形が進んできますが、老化にともなって腰痛などの痛みが増えるとは限りません。

では、本質的な急性腰痛の原因は何でしょうか?
物を持ち上げることは確かに腰痛の引き金になりますが、物を持ち上げること自体が腰痛の原因ではなく、物を持ち上げる前から背骨を支えている筋肉の異常緊張が生じていたことが原因として考えられます。そして、その筋肉の異常緊張は、脳・神経系の誤作動によって生じていることがほとんどで、脳・神経系の誤作動は、潜在的なストレスによって生じています。

次に首の痛みの例を考えてみましょう。
急性の首の痛みの場合は、寝違えて、起きたときに首が痛くなったと訴えて来院される患者さんが多いようです。
多くの患者さんは、寝る姿勢や枕が合わなかったので首がずれて痛くなったという因果関係を考える傾向にあります。
しかし、患者さんに、寝る場所や枕の変化について尋ねてみると、いつもと同じ場所で、同じ枕で寝ていたという答えが多く、単に枕が原因とは考え難くなります。
また、最初は意識的に背骨に負担のない姿勢で寝たとしても、寝ているときは無意識状態なので、様々な姿勢状態になります。それに、同じ姿勢をずっと継続し続けること自体が背骨に良いことだとは限りません。

では、朝起きた時に、痛みで首が動かなくなるという症状はどうして生じるのでしょうか?
背骨の痛みの多くは、筋肉による緊張によって生じます。筋肉の緊張によって背骨が歪み、痛みを伴って背骨の動きが悪くなります。
筋肉の異常緊張が背骨の歪みや痛みを生じさせているのですが、この異常緊張はどこから生じるのでしょうか?

筋肉は脳・神経系によってコントロールされていますので、筋肉の異常緊張は脳・神経系の誤作動によって生じているということになり、さらに脳・神経系の誤作動は、メンタル面との関係性によって生じます。
朝起きると痛みとともに首が動かなくなるという寝違いの本質的な原因の多くが、潜在的なストレスによって、睡眠中に無意識レベルで筋肉に緊張を生じさせた結果である場合が多いようで、枕や寝る姿勢が悪いということが本質的な原因ではないようです。

姿勢が悪いから、腰が悪くなる、肩こりがする・・・本当にそうでしょうか?

無理な姿勢を継続し過ぎたために、腰痛や肩こりが生じることがありますが、姿勢だけが原因ではないことがほとんどです。
正しい姿勢というのは肉体的にも精神的にも大切な意味があります。うつ向き加減の姿勢というのは、気持ちも塞ぎがちになっている状態です。一方、前向きな姿勢は、気持ちも明るく積極的な状態です。

うつ向き加減の姿勢を前向きな姿勢に変えることで、一時的に明るい気持ちになれますが、無意識レベルになるともとの状態にもどる傾向にあります。
姿勢が悪いから気持ちが塞ぐのではなく、気持ちが塞ぐから姿勢が悪くなるのです。
同様に姿勢が悪いから腰痛や肩こりがあるのではなく、腰痛や肩こりの結果として姿勢が悪くなり、姿勢が悪くなるそのまた原因があるのです。

悪い姿勢というのは多くの場合、無意識レベルで生じた結果です。意識レベルで姿勢を矯正しても、無意識レベルになると元の悪い状態に戻るという現象が生じてしまいます。また、腰や背骨に痛みなどの症状があれば、その痛みをかばおうとして姿勢が悪くなります。その様な背骨に症状があるときに、正しい姿勢を取ろうとすれば症状は悪化します。多くの場合、悪い姿勢は結果であり、原因ではないのです。
意識的に姿勢を正しく習慣づけて、無意識レベルでも正しい姿勢を保つことは大切なことですが、本質的な姿勢の改善には、姿勢が悪くなる無意識レベルの筋肉の異常緊張の習慣(パターン)を探ることが大切になります。
そして、筋肉の異常緊張パターンは、脳・神経系の誤作動から生じております。

咬み合わせが悪いから、腰痛がある、肩こりがある・・・本当にそうでしょうか?

咬み合わせが悪いと、様々な症状に影響を与えるという歯科医の先生がいます。確かに咬み合わせが悪いと神経系に影響を与えて、症状に関連する場合もありますが、その咬み合わせは何が原因で生じたのでしょうか?もしも、歯科治療や外傷が原因であれば、歯科にて咬み合わせを調整してもらう必要があります。

しかし、歯科治療や外傷以外に、自然発生的に咬み合わせが悪くなったとしたら、それは、顎を動かしている筋肉のアンバランスによって生じているはずです。そして、その筋肉のアンバランスは、脳・神経系のコントロールの誤作動によって引き起こされます。よって、自然発生的に生じた咬み合わせの異常は、背骨の歪みや姿勢と同様に、原因ではなくあくまでも結果になります。

身体の使い過ぎで、関節が痛い・・・本当にそうでしょうか?

多くの人は、人間の身体を機械仕掛けのロボットであるかのように誤解をしております。もしも、機械仕掛けのロボットであるならば、機械は消耗しますので使い過ぎが原因として考えられるでしょう。
しかし、人間の身体は、機械ではなく有機的な生き物です。身体を使い過ぎて消耗することはありえません。常に再生を繰り返して様々な環境に適応できるように創られています。使えば使うほど、その動作に耐えうるだけの力やバランス感覚を身につけるように創られているのです。

基本的に人体の関節は使うためにあるので、使わなければ、関節としての役割を果たさないように退化していきます。強制労働を強いられる以外、身体を使い過ぎて痛くなるというのは、身体を動かす以前の関節を構成する筋肉の異常緊張が問題で、動かすこと自体が症状の原因ではありません。
そして、その筋肉の異常緊張を起こす元の原因は脳・神経系の誤作動によって生じており、さらには脳・神経系の誤作動は、潜在的なストレスによって生じているということになります。

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14:301900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081