腰痛・肩こり・頭痛・スポーツ障害・アレルギーなど、慢性症状でお悩みの方はご連絡をどうぞ!English abailable(英語可)米国でカイロ専門のドクターオブカイロプラクティックの教育を受けた院長が施術します。

私たちは自然に調和した健康と幸せに貢献します。

ファミリーカイロプラクティックセンター

〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-6 天神サンビル7F

カイロプラクティックの考え方の違い

カイロプラクティックの考え方に違いがあるということをご存知ですか?

一般的に、カイロプラクティックは背骨をボキボキと矯正して、歪んだ背骨を正しく整える職業だと認識されていると思います。
カイロプラクティックは、背骨の矯正を通じて、脳・神経系のバランスを整え、自然治癒力を高めることを目的としています。

しかし、カイロプラクティックを職業とするカイロプラクターでも、背骨を矯正する目的や考え方に違いがあります。
大きく分けると二通りの考え方があるので、その違いをご紹介しましょう。
一つ目の理論を「位置固定論」(機械構造論)と呼び、二つ目の理論を「神経反射論」(有機生命論)と呼ぶことにします。

「位置置固定論」(機械構造論)の理論 

「位置固定論」の理論では、背骨を正しい位置に戻して、神経系の流れを良くするという考え方に基づいています。これは、機械論的な思考に基づいて、人間を機械仕掛けのようにとらえている傾向があります。
微妙な背骨の関節のズレを正しい位置に戻す、あるいは合わせるといった考え方で、関節をボキッとならして、脱臼や亜脱臼を整復するかのような錯覚を与えます。

背骨の関節周辺には、靭帯や筋肉がたくさん付着しており、関節を捻ったり、突いたりしても、靭帯や筋肉の張力によって元の位置に収まるように関節の構造は創られています。
関節を強く捻ったり、押したりすることで、背骨がある位置からある位置へ移動したりすることはありません。それは脱臼のような外傷になります。
しかしながら、もしも、背骨が微妙に移動したとするならば、関節周辺の異常神経反射が正常化され、それに伴って筋肉の異常緊張も正常化されて、背骨に加わる負荷が取れて、背骨が正常な位置に移動することはあり得ます。これはあくまでも二次的な背骨の移動であって、直接的な移動ではありません。
また、カイロプラクティックや整体などの手技で行う関節のボキッという音は、専門的には関節のキャビテーションやクラッキングなどといって、関節腔内で気泡が弾けたり、関節面同士が擦れ合うことによるもので、関節の脱臼が整復された関節音とは異なります。
 

「神経反射論」(有機生命論)の理論

「神経反射論」では、脳・神経系のコントロール異常によって、背骨を支えている筋肉に異常緊張が生じ、その筋肉に引かれて背骨が結果としてズレてしまい、筋肉の異常緊張が腰痛などの症状に関係していると考えます。
「神経反射論」と「位置固定論」の理論の大きな違いは、『背骨のズレ、歪みは結果であって原因ではない』ということです。

背骨は、軟骨、靭帯、筋肉などに支えられており、背骨だけが単独で連なりあって構成されている訳ではありません。特に背骨に付着している筋肉の緊張度合によって背骨がズレたり、歪んだりします。そして、その筋肉の緊張度合は、意識的にも無意識的にも脳、神経系でコントロールされております。
腰痛などの症状がある場合は、筋肉の異常緊張を改善させ、さらには脳・神経系のコントロール異常を改善させる目的で、関節周辺の受容器をターゲットにして、背骨への振動刺激を加えます。

「位置固定論」と「神経反射論」の施術の違い

「位置固定論」では、背骨の位置異常に注目するのに対して、「神経反射論」では背骨に関係する異常な神経反射に注目して施術を行います。
「位置固定論」では背骨の左右対称性や前後の不正列を検査して、異常位置から正常位置に移動させる目的で矯正を行います。施術では、背骨の位置を変えることが目的になるので、比較的に重い矯正刺激になる傾向があります。
一方、「神経反射論」では背骨周辺の神経反射異常を検査して、神経受容器を活性化して、神経反射を正常化する目的で矯正を行います。施術では、神経受容器を活性化することが目的ですので、比較的に軽い振動刺激になる傾向があります。

「位置固定論」と「神経反射論」のカイロプラクティック効果

「位置固定論」による関節の位置を正しい位置に戻すという矯正目的には異論がありますが、もしも、関節周辺に神経反射異常があれば、その関節に矯正刺激を与えることで、関節の筋肉緊張を緩めたり、痛みを軽減させたりする施術効果が、両者にあります。
関節に振動刺激が加わると、関節周辺に散在している受容器と呼ばれる器官が刺激されます。その受容器は神経スイッチを切り替える働きをしますので、振動刺激を加えることによって、神経反射の作用で、神経系の乱れを正常化させます。ちょうどパソコンを再起動させるような作用があります。
背骨は筋肉によって支えられ、その筋肉は神経系によってコントロールされています。よって、神経系を正常化することで、筋肉の働きも正常なバランスを保つようになり、背骨の位置も落ち着くべき位置に落ち着くということで、結果的に背骨のズレも正常化するという作用があります。

施術効果と弊害

「位置固定論」と「神経反射論」では椎骨に対する矯正目的が異なりますが、神経受容器が活性化され、神経反射が正常化されればどちらの手法でも施術効果はあります。
しかし、神経反射の異常反応が無い部位に、単に背骨の位置が構造的に不対称や不正列にズレているという理由だけで矯正するのは、的外れな矯正になり、その無駄な施術を何度も繰り返し続けなければならないという弊害が生じる恐れもあります。

もっと詳しく知りたい方へに戻る

院長プロフィール

保井 志之
(やすい ゆきのぶ)D.C.
米国政府公認ドクターオブ
カイロプラクティック

心身のバランスの調和が健康につながります。困った症状があるときは、お気軽にご相談ください。

絵本

アクティベータ絵本

ボディー&マインド絵本

ニューロパターンセラピー
ガイドブック

アクセス・地図

092-761-0081

住所

〒810-0001
福岡市中央区天神3丁目3-6 天神サンビル7F

◎天神地下街 西1出口より 徒歩1分
◎昭和通り『天神3丁目』バス停前
◎地下鉄『天神』駅より 徒歩4分

受付時間について

受付時間

午前 09001230
午後 14:301900
土曜・祝日は17:00まで
・水曜は12:30まで

セミナー開催などで、臨時にお休みさせていただくことがございます。詳しくはカレンダーやお電話でご確認ください。

092-761-0081